trip

【トルコのsim情報まとめ(サビハギョクチェン空港)】値段は少し高い?!

今では海外旅行に欠かせないのがsimですよね。

日本からWi-Fiルーターを借りるという手もありますが、実際に海外で使おうとするとインターネット速度が遅かったり場所によっては繋がらなかったりして、正直なところなかなか不便な部分があるのも事実です。

私は最近では旅行に行くとその国のsimを買ってスマホにいれてインターネットを使用しています。

今回はトルコに行った際に実際にsimを購入したので、その時の情報をまとめていきたいと思います。

トルコのsimの種類

まず、イスタンブールにはヨーロッパ側とアジア側、2つ空港がありますが、私が降り立ったのはアジア側の空港「サビハ・ギョクチェン空港」です。

空港の出国審査を受けて荷物を受け取ったあと、出口を出るとすぐわかるところに、simを取り扱っている3社がありました。

・vodafone

・TURK CELL

・Turk Telecom

この3社でsimの取り扱いをしていました。

f:id:hyakana:20180928174952j:image

左から順に、TURKCELL、Turk Telecom 、vodafone 。
f:id:hyakana:20180928175001j:image
f:id:hyakana:20180928175200j:image

ATMがずらっと並んでいる場所の向かい側に位置しています。
f:id:hyakana:20180928175153j:image

3社の料金比較

3社とも全て比較して私がトルコを訪れた際(2018年9月)は、Turk Telecom が最も安い値段でした。

f:id:hyakana:20180928175602j:image

7GBで150TL(1トルコリラ=19円なので、日本円で約2850円)でした。

私はトルコに一週間ほどしか滞在しない予定だったので、「7GBもいらないから、もっと少ないのない?」と聞いたのですが、最小でこれだと言われました。

最小で3000円は少し高いですが、仕方ないですね。

ちなみに、Vodafone とTURKCELL に関しては、9GBで170TLのものが最小と言われました。

どっちにしろ高い!!!

物価の安いトルコなので、もう少し安いsimを期待していましたが、案外いい値段します。

それでもインターネットがないと不便なので購入してしまいましたが。笑

simの購入から開通まで

Turk Telekomのカウンターではまずパスポートを提示します。

その後契約書にサインをしてお金を払うと契約完了です。

SIMカードは標準(Mini)、Micro、Nanoの3サイズ共用タイプなので、自分のスマホを渡せばそれに合わせて台紙からSIMをはずして装着してくれました。

登録作業などはスタッフの方にやってもらえるので、手渡すスマートフォンのメニューは英語にしておいたほうが親切です

スタッフがいくつか番号を発信し、作業が終わるとその場ですぐに回線が開通しておりデータ通信も可能になります。

まとめ

いかがでしたか。トルコのsimは全体的に高かったです。

ただ、購入してしまえばインターネットをストレスなく使うことができるし、設定もスタッフの方がやってくれるので簡単です。

ぜひ参考にしてみてくださいね。